eジェット
Just another WordPress site

銘菓だからって美味しいとは…

コメントは受け付けていません。

前々から気になっていた「焼きかりんとう」を食べた。何でも某有名人が大好き! って広告も出ていて、巷では話題の和菓子のようだったので、1度食べてみたかったのだ。それで、たまたまうちの近くの商店街にそのチェーン店を見つけたので、ちょいと買って食べてみたわけだが…… 正直、味はイマイチであった(苦笑)。

不味くはなかったのだが、やはりハードルを高くしすぎてしまったんだな。少々値段の良いスナック菓子を食べている感覚だった。かりんとうの食べ応えが好きな人からしたら、ちょっと物足りないような気は否めいサクッと感。まぁこれが焼きかりんとうのヘルシー特長なんだろうけどさ、僕はどちらかというと普通のかりんとうの方が好きだと感じたな。まぁ食の好みは人それぞれなので、僕の感想を全てと思わないでもらいたいけどね。ちなみに友人にお土産として買っていったら、美味しいっていってたよ。

まぁ、僕も有名な焼きかりんとうというハードルのもと、食べてしまったからイマイチに感じたわけであって、何も知識無く普通に食べていたら美味しいって素直に思っていたかもしれない。有名品って大概こうなるからあんまり好きじゃないんだよね、そういう宣伝が。中にはそれでつられる人もいるのだろうけど(まぁ僕も今回はつられたわけだけど)、「ほんとに美味いの?」と疑ってかかるひねくれた性格の人もいるわけだからさ、あれは良し悪しだと思う。

銘菓ってのもあちこちにあるけれども、銘菓イコール美味しいお菓子とは限らないよな。その地域独特のお菓子ってだけでさ。僕の食好みでは、正直当たりの銘菓ってのは少ない(笑)。

僕の住む埼玉なんかでは、十万石まんじゅうというのが有名だ。北海道十勝産の小豆を使ったこしあんを、奈良県産のつくね芋や新潟県産のコシヒカリの粉で作った皮で包んだお菓子で、埼玉銘菓の癖に埼玉県産を使っていないという微妙な銘菓(笑)。「うますぎる!」っていうTVコマーシャルが有名。で、僕も何度か食べたことはあるんだけど、ぶっちゃけ美味しくない(笑)。普通のまんじゅうの方が美味いわ(笑)。

これもまた好みは人それぞれだからあしからず。大事なのは、自分が食べて美味しいか美味しくないかってことだ。


Posted by eredi on 1月 31st, 2014 :: Filed under 未分類

弄りたいなぁ~

コメントは受け付けていません。

1月。寒いけどさ、ハーレー乗りたいな~。春まで待てないよ。無駄に大きな排気量から奏でられる重厚な排気音。そしてリズミカルなフィーリング。く~、想像するだけでウズウズしてたまらないよ! まだローン中だし、ろくに走行距離も伸びてない。でもってカスタムもまだまだ途中もいいところ。でも、そこにあっていつでも乗れるってだけで、無理して買って良かったなぁって乗り物だ!

でも、乗りたいって思うもののさ、冬は寒いってのが勝っちゃって乗れないのよね(苦笑)。あんな重いバイクだとさ、寒い冬だとまず乗るまでが億劫なのだ。駐輪場から出して、近所に迷惑じゃないところまで押してってエンジンをかける。しかも寒いからかかりが悪いときた。暖機してからじゃないとちゃんと走り出せないもんだから、すっと乗ってすっと出て行くことはできないのだ。普段乗ってるカブやスクーターは軽いしそんな気苦労も無いから寒い冬でもお構いなしなんだけど、ハーレーはこれだから冬は乗る気持ちを削いでしまうのだ。

後2ヶ月くらい我慢すれば少しは暖かくなってくることだろうから、それまでは乗るのは我慢するとしよう。こんな時期でも元気に乗ってるハーレーライダーは普通にいるけどさ、僕はそこまでのもんじゃないんだなぁ。まぁ、僕の乗りたい気持ちはその程度ってことでもあるな(苦笑)。

乗れない分、弄りたいな~って気持ちが強まってくるんだよなぁ。弄るってのはカスタムするってこと。春になって乗るようになるまでの間、カスタムするにはもってこいの時期だ。どうせ乗らないのだから派手にばらしても問題ないからね。

ハイカム入れたいな~って思ってるんだよね。こいつをいれるとかなりパンチのあるフィーリングに激変するとのことだから。でもそのまえにキャブ交換かな? S&S製のスーパーE。個人で買えば5万6万。取り付けは難しくないから自分で。いやまてよ、それよりも先にキックスターターをつけたいなぁ。こっちも5万6万あれば装着可能っぽい。両方はさすがに厳しいけど…… 思い切ればやれないこともない。うーん、悩む。

……って悩んでるうちに、春が来ちゃったりするんだよね(笑)。ま、実際に弄らなくても、カスタム想像してるだけでも楽しいから別にいいんだけどね。これもハーレーの楽しみの一つ。一生乗るバイクだし、ゆっくり弄っていくし、焦らず小出しで乗るとするさ。


Posted by eredi on 1月 29th, 2014 :: Filed under 未分類

拍子抜けの年始

コメントは受け付けていません。

あれ? 正月ってもう過ぎちゃったの? ……って思ってしまうほど、今年の正月休みはあっという間に終わってしまった。初詣行ったりっていう正月らしいことを何一つしなかったからそう感じてしまってるんだろなぁ。ほんと今年の正月はだらだら家で休息してただけだったし。寝正月ってやつに近い生活だった。

そんなこんなで気が付けば仕事が始まって元通りの生活スタイルに戻ったわけだけれども、仕事量が少なすぎて非常に暇だ(笑)。12月はいわゆる繁忙期で滅茶苦茶大変だったんだけどさ、1月2月はそれと比べて仕事ががくんと減ってしまうとは前から聞いていたんだけど、まさかこれほどとはね(苦笑)。去年の夏から今の仕事をはじめたもんだから、イマイチこの暇さになれないでいる。

暇とか言っておいて、繁忙期の補充メンバーがいなくなるからなんだかんだで忙しいんじゃないの? なんて思ってたもんだからさ、拍子抜けもいいところだ。つい繁忙期のペースで仕事をやってると、やる仕事がさっさと終わってしまって待ちの時間ができてしまう。だからって仕事中に好き勝手やってるのも悪いから、掃除でもはじめてしまう。おかげさんで職場が随分綺麗になってしまったぞ(苦笑)。

暇になって思うのはさ、やっぱ仕事は忙しいほうがいいなってことだ。暇を持て余していると、やる気がなくなってしまう。この体たらくが続いてしまうと、今度また忙しくなった時に根をあげてしまいそうだ。まぁ、僕の場合はそうならないように、暇だからって怠けることなくビシッと仕事してるから大丈夫だけどさ。暇なら暇で掃除なり何なりとやることを見つけてぶらぶらしないようにしているし。こういうのが評価されて、後々得をするってもんだ。

忙しいほうが稼ぎもよい。うちの職場は基本給プラス出来高。だから基本給分は忙しかろうが暇だろうか変わらずとも、出来高分で大きな差が出る。多分先月と今月では、数万の差が出ると思う。暇なら早く帰れるけど、稼ぎが減ってしまうのはやっぱり困るってもんだ。ある程度は忙しくないと。

それになによりさ、暇だとクビが飛ぶんじゃないかと心配になる(汗)。いやそうかんたんに飛ぶことはないのは分かってるけどさ、暇すぎると会社やばいんじゃないかと心配してしまうわけさ。やばいとまず真っ先に切られるのは人件費。いらない人はさよなら。万が一そういう可能性が出てくるとしても、暇な時でもせっせと働いている人は切られないだろう。そういうことも考えて、僕は暇でもがんばっちゃうよね(笑)。


Posted by eredi on 1月 27th, 2014 :: Filed under 未分類

おっさん化が進む

コメントは受け付けていません。

最近はべろんべろんに酔うまで飲むことが無くなったなぁ。酒は相変わらず毎週末のように飲みに行ってるのだが、酔って記憶を無くしてまうほど酔っ払うことはほんま無くなったわ。酒に対して、若干臆病になってしまってんのよなぁ。

ほんま懐かしく思うもんなぁ。馬鹿みたいに飲んでいた20代を。酒に強かったちゅうのもあったから、どっかどっかと飲めたんやろなぁ。今は「あ、これくらいでやめとかんと、あかんなぁ……」って、駄目なラインを自分の中に作っとって、それを超えないようにセーブして飲んでしまうねんな。だから飲もうと思えば飲めるねん。今でもな。酒の強さも実は20代と比べてあんま変わってへんのかもしれへん。臆病になったから、酒に弱くなっただけやねん。

でもそら臆病にもなるで。30もいよいよ後半に入ってしまったおっさんがやで、人前で醜態を晒したくはないっちゅうねん(苦笑)。若い頃は良かったで、同じくらいの仲間が揃って飲み食いに行っとったから、無茶できたわ。今じゃ同僚だけで飲むなんてことは減ってもうて、変わりに後輩が増えたからなぁ。そいつらに面倒な思いをさせるっちゅうのは、先輩としてあかんやろって俺は思うねん。まぁ中には面倒かけまくるっちゅう先輩がおったりもするけどな、俺は責任感が強いもんやから、下のやつには醜態を見せたくないねん。

こういうことを考えるようになったってのは、大人になったともいえるが、なんか丸くなったな俺はとも思うわ。おっさんになったなって。人生守りに入ったなって。もっと無茶苦茶して若く生きんかい! って(苦笑)。

責任感ができると、人間一気に老けるっちゅうのあるからね。まず結婚すると男は一気に老けるわな。外観やなくて、内面のことやで。外観はいくらでもごまかし効くからな。心はごまかせへん。ごまかそうとするとしんどいからなぁ。それから親になったらさらに老けるわ(笑)。ここまでくりゃ行動全てが家族中心になってまうからなぁ、ある意味付き合いも悪くなるで。

俺は結婚もしとらんし、当然子どももおらへん。やからこの年でもまぁまぁ若いっちゅうか、子どもっぽいっちゅうところがあんねんけど、仕事の立場としてはほんまおっさんと化してきたと思うわ。20代の頃の飲みが懐かしいとは言ったが、そのころの仕事も懐かしいわ。けんけんしとったもん。良い意味でな。今は余計な波風立てたないって気持ちで仕事に挑んどるところあるからなぁ、昔と比べたら。


Posted by eredi on 1月 25th, 2014 :: Filed under 未分類

睡眠時間

コメントは受け付けていません。

私の中で極力減らしたいのは睡眠の時間。元々はとても寝ることが好きで、ほっておけば10時間くらいは平気で寝ているのですが、色々やることもあるし・・・でも、子供が出来たらそれすらできなくて、でも、それをちゃんとやったり、自分の時間をもったり・・・そういったことをしたい、と考えると、睡眠時間を削ってやりたいことが出来るのがベストですよね!!

1日何時間寝た方がいい、なんて本にはよく書いてありますが、実はその時間は人によって違うもので、基本的には日中眠気がなく、普段の生活をするのに問題がなければ、睡眠時間にこだわる必要はないとされているようです。睡眠と言うのは、脳が休息をするための時間で、体は起きていても横になっていればある程度回復するのですが、脳は起きている間中働きっぱなしなので、眠ることでしか、休息は出来ないのだそうです。

一般的に理想と言われている睡眠時間は6.7時間なようですが、昼寝の効果は約3倍のこうりつがいいとされているようです。

昼寝出来る環境はない!でも時間を有効に使いたい!という方は1週間のうち、4日は4時間睡眠、残りの3日を8時間睡眠にするといいのだそうです。でも、時間も大切なのですが、何よりも大事にしたいのが睡眠の質で、特に寝入りばなの2時間はノンレム睡眠が多くあらわれるために、睡眠の最大の目的である、脳の休息を十分に摂ることが出来るのだそうです。

あと、実は寝る前の軽い飲食は効果的なようで、寝酒に頼るのは日本の独特の傾向らしいのですが、ほろ酔い程度、緊張がほどける程度のその人なりの軽いお酒がいいらしく、また、空腹すぎると中々眠れないのも事実で、熟睡できる飲み物として、体温に近いミルクを飲んだり睡眠物質の原料になる低級脂肪さんを含んでいるためレタスやサンチュもいいのだそう。

やっぱり沢山寝たい、と言う願望はあるものの、いったんこの方法を試して、自分はやれるのかどうかを実験してみたいと思います。


Posted by eredi on 1月 23rd, 2014 :: Filed under 未分類

女とバナナ

コメントは受け付けていません。

みなさんは知っていますか??実はバナナは女性にはとてもいい食べ物だという事を。女性にとってバナナってちょっと太るようなイメージがあるので、嫌遠されがちですが、実はとてもいい効果バカル。上手に食べれば、身も心も健康にしてくれるのがバナナなんです!

実はバナナは女性特有の月経前症候群を改善してくれる、というデータが出ています。この月経前症候群ですが、月経の2週間前からおこるしんしんの不調の事を言います。主な原因はホルモンバランスの乱れ、とされていますが、脳内伝達物質の一種である、ソロトニンの不足によっても、この月経前症候群は引き起こされやすくなる、とされています。このセロトニンを補うにはトリプトファンとういアミノ酸を取り込む必要があるのですが、このバナナや牛乳にはこのトリプトファンが多く含まれているので、月経前症候群の予防になる、と言われています。

また、女性は起伏が激しいとか言われがちですが・・・(そんなこともないと思いますが・・・)バナナには、セロトニンとドーパミンという物質の2つが同時に含まれている珍しい植物、と言われています。このセロトニンは脳幹の縫線核にあるセロトニン神経から作られる、感情をコントロールしてくれる物質で、快感と不快感を調和させ、精神のバランスをとてくれる優れものなのです。

また、カリウムが多く含まれていることでも有名なバナナですが、女性は、よくむくんだ、むくんだ、と言っていますよね。それを改善する方法の一つが、カリウムを多く含む食品を食べる、という事なのです。とくに含有量が多いとされているのが、バナナなんです。また、同時にカリウムも多く含んでいるので、内臓機能を活発にさせたり、食欲不振の改善、だるさや疲労などにも聞くとされています。

確かに1本当たりのエネルギーは高い食品ですが 、上手に使えば、こんなにも体にいいことづくし、何ですよね。一度バナナと真剣にお付き合いをされてみてはいかがでしょうか??


Posted by eredi on 1月 21st, 2014 :: Filed under 未分類

子宮

コメントは受け付けていません。

今回は少し重たい話になってしまいますが・・・沈黙の臓器と呼ばれる卵巣。深刻な状態になっていても、中々症状が現れないのが特徴なんだそうです。でも、女性にとって大事な臓器のひとつであることは間違いなくて、将来色々な事を考えている人もいると思います。そんな夢をしっかりかなえるためにも気を付けたいことは沢山。少しでも、そのことを考えるきっかけになればいいと思うのですが・・。

卵巣には実は沢山の病気が発生しますが、初期症状がほとんどないために沈黙の臓器、といわれています。卵巣自体の大きさもさほどではなく、また、子宮につりさげられるように存在しているので、少々腫れたりするくらいでは、痛みなどを感じにくいのだそう。卵巣の病気はホルモンの分泌異常につながるため、全身性の症状や将来の不妊リスクも出てくるのだそう。日頃から自分の月経リズムをきちんと把握しておくことも大事なんだそうです。

卵巣の病気で多いものと言うと、卵巣嚢腫という病気で、20代の女性に多くみられるのが特徴。卵巣に水や粘液などがたまって腫れてしまう病気なんだそうですが、下腹部がなんとなく重苦しく感じることもありますが、これと言った自覚症状はほとんどないために検診などで偶然発見されることが多い層です。卵巣の大きさ自体は通常は2~3cm程なんだそうですが、この卵巣嚢腫にかかると握りこぶし位の大きさに膨らむことがあるそう・・・でも、それでも気付かない場合があるようなので、怖いですよね・・・なので、体は太っていないのに、急に下腹部が張っていると思ったときはちょっと疑った方がいいかも知れません・・・。

また、月経の量が多すぎたり少なすぎるのも卵巣が以上をきたしている可能性もあるようですが・・月経の量なんて中々人と比べる機会はないと思うのですが・・・通常の健康な自分の状態をしっかり覚えておくことが大事かもしれません。

大事に至らなければ、まだ幸いですが、もしかしたら・・・という事もあるので、自分の体は自分で守れるように、しっかり意識していった方がいいのかもしれません。


Posted by eredi on 1月 19th, 2014 :: Filed under 未分類

禁酒

コメントは受け付けていません。

お酒が大好きな私。時間に余裕があれば、何時まででも飲んでいることができるくらい

・・。幸いそんなにもか弱い感じでもないので、男性に交じってがぶがぶ飲むこともしばしばでしたが・・・そんな私は妊娠、出産を経験している今現在、授乳中という事もあって、もう1年半もしっかりは飲んでいないような状態・・・。いわゆる禁酒、という状態です。

お酒を飲みすぎるのはいけない、というのは常識ですよね。でも、私は実は過去に2度ほど失態を・・・酒は百薬の長と言いますが、いくら薬でも飲みすぎは毒になります。このアルコールによって脂肪肝や、肝硬変を引き起こし、食道静脈瘤の破裂による吐血や肝がんを併発することもあるのだそう・・・。これになってしまう目安ですが、1日5合以上の飲酒を1週間くらい続けていると必ず起こると言われています。脂肪肝の状態でさらに過度に飲み続けると、食欲減退、吐き気、倦怠感、腹痛、発熱、黄疸、肝臓が晴れて重苦しいなどのアルコール性肝炎を発症してしますようです。

では、これらを食い止めるために禁酒。この禁酒をすることで怒る嬉しい変化とは・・・多くの人が、もちろん私も経験したのは飲まなかった翌日は体が軽い、という事です。また、人によっては高血圧だったものが正常になったり、ピロリ菌検査以外の・・・(これも人によりますが(笑))ものは異常なしだったりとあるようです。また、女性にも嬉しいのは体重の減少や、肌荒れのトラブル髪質のトラブルがおさまった、というのも報告されているようです。また、気分的な問題ですが、きぶんのおちこみが消えた、のんびりできるようになったなどの効果もあったそう。

でも、これを辞めたことでストレスになっては意味はないので、その時は適度にいただくのが基本です。・・・私はというと・・・あと少し、授乳期間だけは何とはしっかり禁酒を貫こうと思っています。早く飲みたい・・・でも、こんなにもブランクがあるとちゃんと飲めるだろうか・・・少し、ならしておくかな(笑)


Posted by eredi on 1月 17th, 2014 :: Filed under 未分類

ドケチと言ってもらって構わない

コメントは受け付けていません。

「そういえばさぁ、先日の昼飯代もらってないよね? 500円」と僕が言った相手は職場の同僚。同僚は笑って「覚えてたか。500円程度でも」と答えた。「500円程度、おごれよなぁ。ケチだなぁ」とまでは言わなかったが、そういう意味をこめた笑いというのは十分に分かった(笑)。

なにも否定することは無い。僕はケチな人間だよ。それも“ドケチ”だ(笑)。もうしょうがないんだよね、昔から貧乏性なもんだからさぁ。子どもの頃からずっとそうなんだもん。家がそんな貧乏だったわけじゃないんだけど、うちは両親が早くに僕にお金の大切さを教えようと思ったらしく、小学1年生からお小遣いは家の手伝いをした分だけあげるっていう支給方法だったのだ。だから働いて働いて、こつこつと小銭を溜めるのが楽しいってのを覚えたもんだからさぁ、逆にそれを使ってしまうのが勿体無いとも思う人間に育ってしまったのだ(笑)。

だから、今僕は25歳。多分同年代の平均貯金額より、絶対多いはず。いやらしいからいくらとか言わないけど、かなり溜め込んでいるということだけは教えてあげよう。そりゃテレビに出てるタレントさんみたいにがっぽり稼いでるわけじゃないから収入は良くないけどさ、子どもの頃からコツコツ溜めたお金は相当なもんよ(笑)。はいはい、羨ましいとか思わなーい。これは僕が欲しいものをずっとずっと我慢して溜めてきたお金なんだから(笑)。

節約もあたりまえ。よく周りからは感心されるよ。「つらくないの?」とも言われるけど、先に言ってるように、ケチな自分が当たり前なものだから辛いとは感じない。ただ、欲しいか悩んでいるものを我慢する時ぐらいは、多少なりとも我慢ストレスが溜まっちゃうけどね。強いて辛い点をあげるとしたら、それくらいなもんよ。別に冬場のヒーターを我慢しようが、水道代をケチってシャワーで済ませたりしても、辛いとか思わない。むしろそれで数円節約できたなとか思うと、気持ちが良い(笑)。

でもさ、たんまり溜め込んで何にも使わないってわけじゃないよ。「これは買うべきだ!」ってものの時にはちゃんとお金を使ってる。新車でクルマを買ったり、趣味の料理のために、調理器具やアイデア商品にはすぐ食いつく。先日はノンフライヤーを購入したぞ。使うところではちゃんと使っているのだ。


Posted by eredi on 1月 15th, 2014 :: Filed under 未分類

僕は褒められて伸びるタイプだ

コメントは受け付けていません。

人は叱られて成長するっていうのは分かるんだけど、僕は叱られなれてないもんだからさぁ、基本的には怒られるのが嫌い。ほら叱るっていっても怒鳴るひといるじゃない? そういうタイプが苦手なの。怖い(笑)。僕は叱られるより、褒められて伸びるタイプなのよ(笑)。

初めて怒られるのはいやだなぁと感じたのは、小学生の時だった。少年野球教室に通っていてさ、そのときのコーチが、まぁ鬼コーチだったのだ(笑)。しょっちゅう怒ってばっかってわけじゃないんだけど、怒る時はほんと赤鬼みたいに真っ赤な顔になってさ、ゴジラみたいにギャオーン! と吠えるのだ。もう僕は縮みあがったもんだよ、何度も。だからそのコーチとは全然仲良くなれなかったし、それどころか野球自体、嫌いになっちゃったよ(苦笑)。

逆に褒められると凄い嬉しいもんだから、優しくて褒めてくれる先生は大好きになったなぁ。学校の先生でも、好きなのは優しい先生ばかり。僕の学生時代はまだ体罰を振るう先生が普通にいてさぁ、僕も何度か頭にげんこつを食らったり、教科書の角でこつんとやられたもんだ。もちろん、大人の力任せじゃなくて、ちょこんと当てる程度だから痛くは無かった。だから体罰をする先生はそこまで嫌いにならなかったもんだけど、口が悪い先生は、凄い嫌いだった。罵声を浴びせる先生ね。

自分で言うのもどうかと思うけど、僕はとても甘やかされて育ったのよね、両親にさぁ。母は音楽教室の先生で、父は高校の先生だった。教育者という立場にある両親なのでとても真面目で厳しかったんだけど、悪いことをしなければとても優しい父母だった。最も、僕が真面目ものだったから両親に叱られるようなことが無く、よって甘やかされていたように感じるってのもあるけどね。でも欲しいものがあれば何でも買ってくれたし、一度も両親が怒鳴ったことも無いってのは、やっぱり甘やかされていたほうかなぁ。

とにかく、そういう幼少を送っていたものだから、いまだに怒られ馴れをしていないのだ。だからあんまり親しくない人に派手に怒鳴られたり叱られると、僕はその人に嫌われてるんだとすぐ思ってしまう。逆に褒められればすくすく伸びる。そのため、おとなになった今では、周りに上手いこと使われてるなぁって感じることもしばしばだ(笑)。


Posted by eredi on 1月 14th, 2014 :: Filed under 未分類